TOP > ニュース

浦中ニュース&トピックス

教習所は、一度「来て」、「見て」、「感じて」、選んだ方がいい!失敗しない教習所選びの『ウラ技』教えます♪

2012年06月12日

一度、入所したらあと戻りできないのが教習所です。

ホームページやパンフレットだけで決めてしまうと、こんなことになりかねません。

 

「うう・・・なんかここって、楽しくないな・・・(-.-)」

P1010150.JPG

「えー!いつ頃卒業できるかわからないの?(-_-;)」

「うそ!3日に1時限しか教習が受けられないなんて(゜o゜)」

「もうイヤ!できることなら転校したい(ToT)」

 

あなたの教習所選びのポイントは何ですか?

アンケートなどでは、特に「近い」「送迎バスが便利」、

といった理由で選んでいる傾向がうかがえます。

 

また、その一方で、「家族の勧め」や「友達の紹介」といった

“クチコミ”を重視する傾向も強いですね。

 

しかし実際には、普段利用することの無い自動車学校を、

そういった情報だけで判断し、正しく見分けることは至難の業です。

 

そこで大事になるのが、これ。

実際に教習所に足を運んでみることです。

 

なぜなら教習所によって、“雰囲気”が全く違うからです。

 

よく聞くのが「暗い」教習所。

'09_04_28_urawachuo_A014.jpg

なぜ暗いのかと言うと、ひとつは昼間でも蛍光灯を消しているから。

これでは暗いのも仕方ないですね。

 

もうひとつの理由が、スタッフに笑顔がないこと。

実は、教習所が暗いと感じる最大の理由がこれです。

 

スタッフに笑顔がないと、教習生にも笑顔がありません。

'09_04_28_urawachuo_A113.jpg

それが「暗い」雰囲気を醸し出している最大の理由なのです。

 

従って、教習所は、校舎やトイレなどの施設面ははもちろんのこと、

雰囲気や接客の際のスタッフの表情やあいさつ、態度など、

「来て」「見て」「感じて」選ぶことが、失敗しない一番のポイントです。

 

 

k1010083.JPGのサムネール画像

あなたも入所した後で、

「しまった~。もっとよく調べておくんだった」てなことにならないよう、

気を付けてくださいね。

 

自転車交通安全教室開催しました。

2012年05月29日

 埼玉県内では毎年たくさんの自転車が関係する事故が発生し、また残念な事に増加傾向にあります。 

 うらチュ~ではこれに歯止めをかけたいとの熱い想いから、このたび「自転車シミュレーター」を導入し、その初回の交通安全教室を本日、市内「浦和つくし幼稚園」にて開催しました。最初に梅田、石塚両指導員から日頃自転車を使用する機会が多いお母さま方にお話をさせて頂き、その後実際にシミュレーターを使用して自転車の運転の再確認をして頂きました。

 参加されたお母さまからは、「日頃もっとも身近な乗り物ですが、そこに潜む危険を楽しく学ぶことができんました。」などの嬉しいコメントも頂きました。

 

 うらチュ~はこれからも、地域の交通事故ゼロを目指して頑張って参ります。

 

jitennsya.JPG

社員研修♪

2012年05月14日

 うらチュ~では、教習生の皆さんに「楽しく・早く・一生無事故無違反」の免許をご提供できます様、日々様々な努力しております。ただ今1泊2日で3班に別けて近隣の温泉で社員研修を行っております。 事前にグループで検討した内容をIPADを使って発表を行ったり、どうすればもっとお客様に満足して頂けるか等々、今回も白熱した研修会となっています。

 うらチュ~は常に進化を続け、皆さんの期待以上の事をご提供し、感動をして頂ける教習所を目指して参ります!ご期待くださいネ♪

 

syainnkennsyuu.JPG 

うらチュ~に研修生来る!

2011年07月26日

 このたび、うらチュ~では新潟県の六日町から高野指導員、福島県の郡山市から高橋指導員と加藤指導員を約1年間、うらチュ~の運営ノウハウの勉強のためにお迎えしました。それに伴い先日那須高原で、うらチュ~のここ数年来のカイゼンの歩みや今後の方向性、展望をお話しする勉強会を少人数で行いました。

 

nasu.JPG

 各指導員とも8月初旬には皆さんのご指導に当たらせて頂くため、只今猛勉強中です!慣れないと土地で不慣れな事も多いですが、明るく頑張っておりますので、見かけたら声を掛けてあげてくださネ♪この3人を宜しくお願いします♪♪

ガンバロウ!日本!!

2011年05月06日

 あの震災から早2か月が経過しようとしています。被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。また多くの方々がお亡くなりになったとの報道を目にするに付け、心を痛めております。ご冥福をお祈りすると同時に私たちに何が出来るか真剣に考え,スタッフ一同から義援金を送金させて頂きました。

 この国を1日も早く元気な活気のある、未来に向けて希望の持てる国に復興する事こそが、亡くなられた方々への私たちのできる責任であると思います。皆の力でこの難局を克服し、この国をより一層素晴らしく、誇りの持てる「日本」にして行きましょう!

                                             うらチュ~スタッフ一同

                 ガンバロウ!日本!!ロゴ(角枠).jpg

                       地震に負けない みんなの力。

jisinnnimakeruna.JPG

 

前の5件1234567891011
最近のエントリー
カテゴリー
月別アーカイブ